2013年07月27日

腫れがひいた

先週の土曜日の夜に右肩の腫れで歩けなくなったくうちゃん。
火曜日の朝には肩だけでなく、右前足全体が腫れて、左の倍位あるんじゃ?と
思う位になり、やっぱり黒く内出血になってしまった。
ほぼ寝たきりなのに、ちっことうんPは起き上がって、トイレまでの3歩、4歩を
びっこでよろけながら歩き、ちゃんとしていた。本当くうちゃんはスゴイ奴だ。
こうやって転移と内出血を繰り返し行くのかと思うと恐くなった。
でも、お腹の内出血も1週間で治った、きっと腕だって治るはずと信じた。

ご飯もフードメインはやめて、肉メインで貧血予防にレバーや生卵の黄身もあげている。季節の野菜も多めに、納豆や豆腐、ゴボウ汁、キノコ系も多めに、クロレラドリンク、とにかく排出させる事とご飯は美味しそうに!!食後はケフィアヨーグルト

朝も多少の貧血のせいか?自分から起きる事はないため、起きる前にキャッツクローとヤギミルクのミルクティーにハトムギをトッピングした物を飲ませ、メロンや美味しいオヤツを少し食べさせてから、ちょっとづつ起こしている。

※いずれもガンに良いとされるもの、免疫を高めるものと言われているもので、まずは食べる事が基本という思いから、やっています。

その思いが通じたのか?木曜の夕方には腕の腫れが引いて、くうちゃんもちょっと起き上がったりするようになった。
今日はリノっちと一緒にホメオパシーの先生にお灸をしてもらい、痛み止めと血の巡りのレメディを処方してもらった。
腕の腫れも、吸収が悪い子だと、なかなか腫れも引かないようですが、くうちゃんは
吸収が良いようです。
内出血でたとえ腫れても破裂せず、細胞に吸収されれば、何とか頑張れそうだよね。

お灸はやはり気持ち良いらしく、帰りの車でも2匹仲良く寝ています。

このまま穏やかな感じが少しでも長く続いたらいいなあ。

20130727.jpg

ニックネーム Rino家 at 22:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日の弱ったくうちゃんの姿には、正直私も動揺してましたが、その後少しづつくうちゃん楽になってくれてるみたいで安堵しました。
進行性の病気との共生は、ほんとに一喜一憂しながらの毎日・・
でも、犬って凄く強い生き物で、どんなに状態が悪化したって生きようとすることは諦めない・・
思えばそんな姿に返って励まされたものでした。
くうちゃんはまだまだ大丈夫!そう思っていつも応援してますよ。
ナナくうママもパパも、あまり頑張りすぎずにね。
Posted by 波留ママ at 2013年07月27日 23:26
”生きること=食べる”が原点!!
美味しいもの食べて少しでも幸せな気分でありますように・・・。

頑張るくうちゃんをみて、元気な事が当たり前に思わず毎日を大事に過ごしてあげたく思いました。
Posted by たんく at 2013年07月28日 09:42
>波留ママ
この間は、いろいろとありがとう〜。一番弱っている感じのくうちゃんだったからねえ・・肩の腫れは引いたけど、貧血の波があるようで、基本はほとんど横になっているのよ。でも、ご飯とかちっこの時は、びっこでも歩いているからね、まだ大丈夫だと思います。くうちゃん自体がゆっくり休んで自分でセーブしている感じなので、私は美味いものを作り、声をかけ、ナデナデして見守るのみです。
>たんくちゃん
本当に生きる事!!食べる!!そんな感じです。
幸いにも食欲は落ちることなく、パクパク食べ、寝て、ちっこして、ほぼそれだけの繰り返しで、くうちゃんを知っている人なら信じられない程、静かな日々です。でも、不思議に生きようとする力は感じられるので、私ができる事をやるだけですね。いつか、年をとってそんな日が来るかもと思ってはいたけど、やっぱり寝ているだけでも、ずっと一緒にいたいなあ〜って思います。
Posted by Rino家 at 2013年07月30日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字


この記事へのトラックバック