2013年09月07日

懐かしい写真

くうちゃんの事は毎日考えてるけど、悲しくてどうしようもないって
事にはなっていない私。後からくるのかもしれないけど、私的には
くうちゃんは来るべくして我が家の子になり、必ずしも良い日ばかり
でなくとも、幸せに過ごしてくれたのだと確信している。
今でもくうちゃんがよく居た場所には、まだそこにいるような感じが
して、そう思うと悲しいではなく、嬉しい気持ちになる。
気配でも感じれたらいいなあ〜、夢にでも出てきてくれたらいいなあ〜って
日々思っています。

仲良しだった姪っ子との写真を見たら、滅多に会えず、お盆に何年ぶりかで
我が家に泊まりに来るって事になったのも、くうちゃんがそういう風に
最後に好きな人達を呼んだのかなあ〜という気がする。

2004年の8月、ナナと姪っ子もうすぐ5歳、くうちゃん4歳、甥っ子3歳
040813-1.jpg

ニックネーム Rino家 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リビングのドアを開ける時よくそこにヒナタがいたので確かめる癖とか、ブログの更新を終わって寝室に行く時に遅くなってごめんねと入る時とかいた時と変わらない事がまだ多くあります。
気配は感じる時がありました。
布団の足下に円くなった感じとかね。
夢にはまだ現われません。 って私ほとんど覚えていない方なんですけどね。
あんまり普通にしているので逆に心配されたり自分でも変かなとか思って本を読んだりもしたのですが、やっぱりしっかり向き合った確信がそうさせているのかなと思ったりしています。
寂しいのはうんと寂しいし、これからもっとなのかなとかは思いますが。 
一緒に過ごした11年の思い出がこれからの応援団だと思っています。
Posted by ヒナタマンマ at 2013年09月12日 00:20
>ヒナタマンマさん
普通の生活のよくいた場所には、何だかまだいるような感じはしますねえ〜。
静かだなあ〜って思うのは、車のエンジン止まった時に、必ずくうちゃんはワンワン吠えていて、遅い帰宅だったりすると、近所迷惑になるなあって言っていたのが、他の3匹は吠えないから、今では全く静かで、何だか寂しいなあ〜って感じです。
あと、4匹もいたから、よく名前を間違って、ナナって呼んでるつもりで、くうって呼んでみたり・・・(笑)
まだまだ存在感たっぷりですね!!
Posted by Rino家 at 2013年09月14日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字


この記事へのトラックバック