2013年12月01日

ナナが旅立ちました

我が家の長女のビーグルのナナ姉さん。
11月29日の夜中、くうちゃんがいる天国へ旅立ちました。
14歳と2か月でした。

昨年の7月末に腎臓の遺伝疾患が見つかり、治療法がない病気
だったのですが、それでも、平均寿命は全うできると言われていました。
9月末の検査が悪い数値であったため、少しづつ覚悟しながら
生活していました。
週に1回から2回食べない日がありましたが、それでも普通に
食べる日が続いていました。
1週間前には手を変え品を変えても、何も食べたがらなくなり、
1日1回チーズちょっととか、レバーおやつちょっとだけに
なりました。

亡くなる日の夜も普通に私の横に寝せていましたが、
夜中の12時頃に起き上がっていたので、トイレかなと見たら、
自分の寝ていた場所にオシッコをしていました。
綺麗にしてから、また寝かせて、私も寝てしまいました。

ふと目が覚めて、ナナのお腹に手を当てたら息をしていませんでした。
さっきまでの寝ている姿と変わらないまま・・・

くうちゃんが待つ、天国へ逝ってしまいました。
何もそんなに急がなくてもという気がしますが、
仲良しな2匹が一緒にワンワン吠えて遊んでいるだろうと
思うと、少しは救われます。

可愛がってくれた皆さん、本当にありがとうございました。

ナナP、我が家の子になってくれてありがとう〜。
お空でくうちゃんと仲良くしてね。


P1040979-1.jpg DSC_2498.jpg

ニックネーム Rino家 at 17:52| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナナちゃんのご冥福をお祈りします。
苦しまなかったみたいでそれは本当に良かったですね。
お別れは少し早過ぎるけどくうちゃんはナナちゃんが来て一緒だと思うと確かに安心かもですね。
幸せな犬生だったと思います。
お花の写真もアップしてくれてありがとう。
写真を使ったカードの縁取りの色に合わせて紫とピンクで可愛くと頼みました。
ビーグルはノーブルな感じが私はするので落ち着いた綺麗な色がいいなと思ったのでイメージ通りで安心しました。
ママさんが元気そうなので良かったです。 私もここを乗り切っていつかはと希望を持っていきますね。
Posted by ヒナタマンマ at 2013年12月01日 23:12
14年は長いようであっという間の時間でしょうか?
いつもご年配の方から「ビーグルですよね。」って聞かれるのでとても親近感がわく犬種。

お空のくぅちゃんと再会できたかな?
皆の事を報告できたかな?

ご冥福をお祈りいたします。
Posted by たんく at 2013年12月02日 12:55
昨日はお邪魔しました。
昔、アジを始めたころの仲間のほとんどがお空のワンコになってしまったね。
8月、9月、11月と続いてしまうなんて最期まで仲良しだったね・・
寂しいけれど、向こうの世界でもまたきっと賑やかにやってくれてると信じて、楽しい時間を過ごさせてくれたワンコ達にはありがとうと言いたいです。
ナナちゃんはいつもマイペースで、それが何ともいえず可愛かったです。
ナナちゃん、今までありがとう。
Posted by 波留ママ at 2013年12月02日 14:27
ナナちゃん、元気なものと思っていたので、ショックです。
クルタが子わんこ時代のお友達がどんどん虹の橋の向こうに行ってしまうので、本当に寂しいです。
でも、くうちゃんはナナちゃんが来て楽しいのかもなあ。

ナナちゃんとクルタが一緒に訓練所の端の方で臭
い嗅ぎをしていたことをふと思い出しました。
ナナちゃんクルタと仲良くしてくれてありがとね。

ご冥福をお祈りいたします。
Posted by クルタ母 at 2013年12月02日 19:44
あ〜〜残念ですね・・・。

ついさっきまで横で寝ていたのに気がつくとなん

て。

苦しまずに旅立ったのかな?

ご冥福をお祈りします。
Posted by ラル父 at 2013年12月02日 23:24
ナナちゃんまで逝ってしまったんだね。
寂しくなるね。
Posted by ハロ家 at 2013年12月04日 13:26
>ヒナタマンマさま
いろいろとご心配いただき、ステキなお花も頂き本当にありがとうございます。ナナは亡くなる前日以外、毎晩、父さん抱っこ〜ってせがんでくるカワイイ奴でした。今思えば、最後の日はずっと動かないで寝ていたから、抱っこもせがむこと出来なかったんだなあ〜と後からいろいろ可哀そうだったなあ・・・って思う事があります。でも、イタズラや怒られた事がいっぱいで、おもしろビーグルだったから、ダンナと話す時はおもしろ話ばっかりなのです。毎日ナナくうどうしてるかなあ〜?って思わせてくれる事も、幸せな事なのかもです。
>波留ママさま
ほんとうに同級生的な犬達がみんなあっちの世界へ逝ってしまったね。
ナナにはいろんな意味で我慢ばかりさせてきたけど、持ち前の数分後にはすぐ忘れる!!的な素晴らしい性格だったから、ずいぶんと助けられたなあ〜って思ってるよ。天国ではくうちゃんと一緒にワンワン吠えて、イタズラしようとしている姿が目に浮かぶのよ。きっと波留は、そんなナナくうを筋目で見ているかもね(笑)
Posted by Rino家 at 2013年12月07日 17:22
>たんく様
そっかあ、タンクちゃんはスムースジャックだから、知らない人はビーグルに見えるかもね(笑)
ビーグルはジャックとも似ている所もあるけど、さらにマイペースを絵に描いたような犬だったよ。私が今までアジリティーを続けてこれたのはナナのお陰なのです。長女なのにずっとイタズラばかりのおもしろビーグルで人の事は気にしないって感じだったけど、いろんな所で後から思うと助けられています。ストーブ前をリノとくう姉さんと場所取り合戦だったのに、今はリノ一人で寝てるから、寂しい感じです。

>クルタ母さま
くうちゃんが亡くなった後に、クルタ母に会った時は、ナナも元気だったんだけどねえ〜。ナナはいつまでも生きているような感じもしていたんだけど、そううまくはいかないよね。訓練所で匂い嗅ぎしてたよねえ〜マイペースな2匹って感じだったものね。懐かしいねえ〜。
お気遣いありがとうね!!
Posted by Rino家 at 2013年12月07日 17:30
>ラル父さま
くうちゃんに続き、ナナも逝ってしまったよ〜。苦しむ姿は見せなかったんだよねえ・・・
最後は私の横にいて眠ったままだったから、看取る事ができて良かったよ。天国でくうちゃんと一緒に遊んでいると思うよ。
>ハロママさま
くうちゃんに続き、ナナも逝ってしまったよ。
でも、病気はナナの方が前からわかっていたからね、どうにもって感じです。
リノととんちゃんと2匹いても、何だか物静かで寂しい感じだよ。
Posted by Rino家 at 2013年12月07日 19:01
ナナちゃんのご冥福をお祈りいたします。
さくらが亡くなった5日後にナナちゃんも逝ってしまったんですね・・・
ナナちゃんもさくらも長女でコーギーの妹がいて、年齢も1歳しか違わなかったですね。
今頃お空で会えているかな。
さくらはとても静かなでおだやかな子だったので今でも私の横にいるような感じがします。
あまり会えなかったけど、さくらとお友だちになってくれてありがとうございました。ナナちゃん、くうちゃん、ありがとう。
Posted by こまめ at 2013年12月07日 21:40
>こまめさん
さくらちゃんの5日後でしたかあ〜。
みんな同じ位の歳だったから、仕方ないとは思うのだけど、ほんとにこの1年はたくさんのワンコが逝ってしまいましたね。
さくらちゃんは穏やかなイメージが本当に強かったですよ。ナナとくうと一緒に天国で遊んでくれていたらいいですね。
Posted by Rino家 at 2013年12月16日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字


この記事へのトラックバック